マンションとどっちが良いの?一戸建ての魅力が知りたい!

リフォームを自由に行える


マンションと比べてみて一戸建ての方が優れていることとして、まずリフォームの自由度です。もちろん分譲マンションならその一室に関しては持ち家扱いとなりますからリフォームをすることもできます。しかしながら面積を大きくしたり縮小する、高さを出すなどの工事は物理的に行うことはできません。
一方の一戸建てですとマンションではできないリフォームも行うことが可能です。ライフスタイルに合わせて建物の大きさを変えるといった大掛かりな工事もできますので、自由度で言えば断然一戸建ての方が良いと言えるでしょう。
ただ、注意したいのが一戸建てでも制限が設けられる場合があることです。面積の上限や高さの制限が適用されることがありますから将来的なリフォームの時にも困ることがあります。

音に困ってしまうリスクが低い


一戸建てですと音によるトラブルになりにくく、また音の悩みを持ちにくいという良さもあります。分譲マンションでも防音性能が高いところもありますから、物件によっては音を気にせずに暮らすことができます。ところが中には分譲マンションでも音漏れがするようなところもあるのです。時には住人同士で揉めたり、音に気を遣った暮らしを強いられることもあります。
その点、一戸建てですと独立した物件ですので隣家などの音が伝わりにくく、また、距離がある場合もありますから音に困ってしまうことは少ない傾向があります。音の問題はデリケートですので、後々に困ったことにならないためにも一戸建てをチョイスした方が失敗が少ないと言えるでしょう。